社長の部屋

「自由度の高い」企業をめざして!

2019.4.24


【「自由度の高い」企業をめざして!】

ゆうゆう社は発展の速度が早い会社とは言えない。
会社発足からすでに17年を経過しているのだから。
まだ【型】として整った企業とは言いがたい。
しかし、この会社の経過の過程で確実だと思えることも
何点かある。
「自由度の高い」企業をめざさなければならない ということがその一つです。
権力や権威を譲り渡し、大きな裁量権や自由を与えるほど、
社員は大きな仕事をしてくれます。自由度が高いと、社員のやる気が増してきて、生産性が向上します。幸福を感じる度合いが高くなります。
トップダウン、階級制、指揮統制を特徴とする経営モデルは時代遅れとなるでしょう。

ゆうゆう新聞平成29年10月号より

CATEGORY : トピックス 

物事を10倍のスケールで考える

2019.3.6


【物事を10倍のスケールで考える】

「発想が小さい」「発想が小さすぎる」その10倍のスケールで考えよう。
そうすると わくわくする世界が見えてくる。
大きな賭けをするほど、成功のチャンスが大きくなる。会社として失敗が許されなくなるためだ。小さな賭けをたくさんしても凡庸なものしか生まれない。大きな挑戦は、大きな才能を持つ人材を惹きつける。大きな課題と優秀な人材には共生関係がある。
物事を10倍のスケールで考える。
ほぼ、不可能な目標を設定して挑戦する。
これが”ゆうゆう社”だ!

ゆうゆう新聞平成29年12月号より

CATEGORY : トピックス 

社長の部屋の紹介

2019.1.22

私達、悠遊社では社内報として「ゆうゆう新聞」を発行しており、
その中の企画に社長自ら執筆し、事業にかける思いをつづった「社長の部屋」というコーナーがあります。
悠遊社のブログを更新していくにあたって、まずはこの社長の部屋を皆様に紹介し弊社の事を知って言って頂けたらと考えました。
まずは一年前のゆうゆう新聞11月号より記事を紹介したいと思います。
社長

「ミニ創業者」を多数輩出する。
会設の設立を手がけたのは創業者がもしれない。
しかし その後の会社の発展段階においては、「ミニ創業者」と言える人達の活躍がかかせない。
チームを率いて、自分が経営者にあることの自覚を持って事業の運営に当たれば、動機付けが高まり、満足度の大きい仕事が達成できる。
自由度の高い企業においては、チームや 組織を引っ張る「ミニ創業者」と言える人達の活躍が欠かせず、数多く輩出することを期待している。

CATEGORY : トピックス 
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

月別アーカイブ

SEARCH